気分を変えたい!そんなときこそ雑貨のススメ

インプラント・歯周病

▼歯科でのインプラント治療に使われるフィクスチャーとは

歯科でインプラントの治療を行う場合、手術時にフィクスチャーを埋め込みます。これは金属のネジのようなもので、歯が抜けてしまったところに本来ある歯の根っこのような役割を果たしてくれます。

歯科でインプラント治療をする際には、手術時にフィクスチャーを顎骨に埋め込みます。3か月ほどすると、自分の顎骨に結合し、自分の歯と同じように固いものを食べたりすることができるようになります。

フィクスチャーはほとんどがチタンで作られており、骨の中に入れ込めるようにスクリューの構造を持っているものが一般的には使用されています。

http://www.kokusai-dc.net/
歯周病は国際ビル歯科。有楽町駅すぐ。痛くない治療ですので安心です。

おすすめ情報